WordPress

【WordPress】インストール後すぐにやる初期設定、プラグイン一覧

この記事の対象者

  • WordPressをインストールしてからの初期設定で最初にやるべきことを再確認したい
  • 過去の私

 

基本的に上から順番に設定していけばOK。

no image
参考【WordPress】高速化のためのプラグインと設定

この記事の対象者 WordPressを高速化させたい PageSpeed insightの速度が遅すぎる 過去の私 高速化プラグイン Autoptimize JavaScript、CSS、HTMLなど ...

続きを見る

 

WordPressインストール直後に最初にすべき設定一覧

 

注意ポイント

未完成の状態で、Googleにインデックスされないよう設定しておく。

設定が終わったら外すのを忘れないこと。

 

設定 - 一般

設定項目

  • サイトのタイトル
  • キャッチフレーズ
  • WordPressアドレス(URL)
    • SSL化しているなら、"https"に変更
  • サイトアドレス(URL)
    • SSL化しているなら、"https"に変更
  • メールアドレス

 

設定- ディスカッション設定

設定項目

  • [他のコメント設定] - [コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする] ⇒ オン

 

設定-パーマリンク設定

設定項目

  • パーマリンクを投稿名に変更する
    • [共通設定] - [カスタム構造] ⇒ "/%postname%/"
    • カテゴリごとに管理するなら ⇒ "/%category%/%postname%/"
  • カテゴリ別サイトのURLに”/category/"を表示させたくない
    • [カテゴリーベース] ⇒ "."

 

WordPressインストール直後に入れるプラグインと設定

プラグインリスト

設定項目

  • Classic Editor(必須級)
  • Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)(必須級)
  • Broken Link Checker(必須級)
  • Contact Form 7(必須級)
  • Google XML Sitemaps(必須級)
  • WebSub/PubSubHubbub(必須級)
  • AddQuicktag(便利系)
  • Easy Table of Contents(便利系)
  • Rinker(アフィリ系)
  • Async JavaScript (高速化用)
  • Autoptimize (高速化用)
  • EWWW Image Optimizer(高速化用)
  • W3 Total Cache (高速化用)

複数プラグインを一括でインストール

ひとつずつインストールするのは手間なので、複数のプラグインを一括でインストールできるプラグインを使用。

各プラグインファイルをローカルPCに置いておくと便利。

  • プラグイン一括インストーラー

必須級プラグイン

Classic Editor

ブロックエディタが使いにくい場合、このプラグインで従来のクラシックエディタが使えるようになる。

メリット

  • 現在のブロックエディタより使いやすい

 

Advanced Editor Tools

クラシックエディタに機能を拡張させるもの。旧TinyMCE Advanced。

メリット

  • 記事投稿、編集が捗る

 

Broken Link Checker

記事内に貼り付けたリンクURLを巡回して、リンク切れがあった場合は知らせてくれる。

メリット

  • 設定するだけで、リンク切れを知らせてくれる。
  • 切れたリンクをすぐに修正することができる。

Conact Form 7

お問い合わせやメール送信フォームをショートコードで生成してくれる。

メリット

  • 簡単にお問い合わせフォームが作れる

 

Google XML Sitemaps

Googleの検索エンジンにサイトマップを自動で更新してアップロードしてくれるプラグイン。

メリット

  • 記事を公開するたびに自動でサイトマップを生成してくれるので、検索エンジンがしっかり認識してくれる
  • 認識させたいページ/させたくないページを選択できる

 

詳しくはこちら。

注意ポイント

あくまで、Google検索エンジン向けのサイトマップであり、訪問者用ではない。

訪問者用のサイトマップを作成するには、「PS Auto Sitemap」を使う。

 

WebSub/PubSubHubbub

記事を投稿した際に、Google、Yahoo!・Bingなどの検索エンジンに知らせてくれる。

効果は不明だが、お守りに。

読み方は、「ウェブサブパブサブハブバブ」。

メリット

  • 検索エンジンのクローラーが早く巡回してくれるようになる

便利系プラグイン

AddQuicktag

よく使うタグを登録することで、記事編集画面内のリストから簡単に呼び出せる。

メリット

  • よく使うタグをワンクリックで呼び出せる
  • 長いタグとか自分でカスタマイズしたタグなども登録できる

Easy Table of Contents

記事内の見出しから自動で目次を生成してくれる。

メリット

  • 最初に設定するだけで、あとは記事を投稿する度に自動で目次を設置してくれる
  • 目次につかう見出しの設定、表示させるページ、表示方法など細かい設定ができる

アフィリ系プラグイン

Rinker

こんな感じのおしゃれな商品購入ボタンを挿入できる。

同様プラグインの「カエレバ」と二大巨頭。

メリット

  • おしゃれなボタンを簡単に挿入できる
  • プラグイン上から直接Amazonや楽天市場の商品を検索することができる

高速化プラグイン

別ページにてまとめる予定。

 

WordPressのテーマ

Affinger

  • Affinger
  • Affinger 子テーマ

Affinger用プラグイン

  • ABテスト
  • AFFINGERタグ管理マネージャー3
  • ふきだしプラグイン

Affingerのデザイン済テンプレートを使用するなら、以下プラグインもインストール

  • Customizer Export/Import
  • Widget Importer & Exporter
  • データ引き継ぎ (LITE)

-WordPress
-